株取引というと、パソコンを何台も置いてやっているイメージだったりします。毎日相場が開いている間は、パソコンに張り付いてクリックをしたりしているのをテレビで見たことがあるって人も多いですよね。実際にそういった取引をしている人もいますが、忙しいサラリーマンには難しいことです。

しかし、最近はどこの証券会社でも株取引が可能なアプリがあります。アプリならばスマホにダウンロードしておくだけでいつでも起動できます。スマホで株の取引ができるので、昼休みの空いた時間とかですむわけです。これならクリック数も少なくいつでもどこでも株の取引をすることができます。

しかもアプリを使用する人が増えたことで、各社使いやすくなってきています。パソコンとは異なり、画面の一つですし、直感的に使えるようになってきました。スマホに慣れていない人でもやりやすくなっているといえます。

ただ、注意しなければいけないのがアプリではできないことも多いという点です。NISA預りの取引ができるものとできないものがあります。入手金に関しても資金移動ができるアプリは限られています。チャートも証券会社によって見ることができるものが決まっているので、スマホで取引をしようと考えているなら、アプリの機能をちゃんとチェックしてから、使う口座を決めた方がいいかもしれません。

とはいえ、現物取引や信用取引といった基本的な取引はどこの証券会社のものを使っても遜色ありません。もちろん、サイトに掲載されているコラムや銘柄分析もチェックできるので、情報収集にもばっちり使えます。また楽天のアプリなら、四季報や株主優待の情報もしっかりチェックできるので、初心者向きです。

情報提供:株予想 当たる

 

株取引のアプリ

株取引と言ってもバイナリ―オプションを行うためには口座を開かなくてはなりません。 トレードを行う業者に口座を開いて入金すればトレードが出来るようになります。

スマートオプションは、投資口座を開いて入金する場合、クレジットカードと、銀行送金に対応していました。

さらにネッテラーに対応するようになったのです。 ネッテラーはネット専用決済業者です。

クレジットカードを使いたくない、番号の流出が怖いなどと言ったことから、新しい決済方法が求められていたのですが、それに対応できる方法として登場しました。 ここの特徴は、提携業者に厳しい診査を設けている事です。

詐欺を起こすような悪質な株取引業者とは提携していないと言う事なのです。 つまり、ネッテラーが使えるなら、業者は信頼性が高いと判断して良いでしょう。 つまりスマートオプションは、信頼しても大丈夫と言えるわけですね。

ネッテラーは銀行の預金口座に似ていますが、金利は付きません。 ここを使うメリットは、入出金の時間的ロスを極力減らせることです。

普通に銀行送金では4,5日はかかります。クレジットカードは即日ですが、データ流出の懸念がります。

そこでクレジットカードのように入金が出来て、個人情報を守れる手法として考えだされたわけです。

口座開設も日本語に対応していますし、他の株取引業者の入金にも使えますので、ひとつ持っていても損にはならないでしょう。

オンラインでの買い物にも対応してるので、海外のネット通販でも利用可能です。

参考元:

スマートオプション

バイナリーオプションにおける原資産の扱いはちょと変わっています。 と言っても、通常のオプション取引でも原資産を受け渡してもらうことはありません。 当然ですが、バイナリーオプションでも原資産を取得したり受け渡しは行われることがありません。

ちょっとややこしいので説明しますと。 オプションでは、原資産を取得するための価格を行使するための権利を売り買いします。 つまり3か月後に1ドルを100円で買える権利、100円で売る権利と言うのがあるわけです。 その権利を売買すると言うことですね。 もちろん、権利を行使してドルを手に入れることはできますが、トレーダーの多くはその売買による利益にのみ興味があるので、現物をもらおうとは思っていません。 原油を100バレルもらっても処分に困るだけです。

バイナリーオプションでは、原資産の値動きだけに対して権利の売り買いをします。 原資産そのものの取得や処分に関しては関わっていないのです。 ここがFXなどと違うところですね。

FXではレバレッジを1倍にして、ドルやユーロを現物で手にすることが可能です。 これは現物を売り買いする権利を売買してるからです。

バイナリーオプションも為替取引の一種だと思ってる人がいますが、本来の為替取引は通貨の交換です。

値動きだけを相手にしているバイナリーオプションは通貨の取引ではないのですね。 原資産を取得できるのは、あくまで現物商品の取引を行っているトレードだけだと理解しておきましょう。

バイナリーの原資産

フィボナッチ・リトレースメントとは、テクニカル分析用のインジケーターの一つで、安値から高値の上げ幅に対する押し、高値から安値の下げ幅に対する戻りを予測するのに使われます。

実際にチャート上に表示させればすぐに分かるのですが、直近の高値と安値を結ぶと自動で欄を引いてくれます。

フィボナッチリトレースメントでは、「23.6%、38.2%、50.0%、61.8%、76.4%、100%」といった比率が用いられます。

このライン上で反転することが多いと言われてるためですが、チャート上に表示させてみて、実際の山や谷と重なりが多ければ、そのチャートの現状でフィボナッチが機能してると言えます。

その時、チャートがラインで反発する可能性が高いので、逆張りを予測してエントリーを行うのです。

FXでも良く使われる手法ですが、バイナリーオプションでも有効性があります。 どんな手法でもそうですが、チャートの背景を考えてエントリーすることが最も大事ですよね。

と言うことは、たとえ短い期間でのトレードを行うとしても、フィボナッチを利用するのであれば、チャートは最低でも15分足以上を使います。

出来れば1時間足で表示させて、その時の反発ラインを目やすにすると勝率が非常に高くなるのです。

5分足ではノイズと呼ばれるダマシが非常に多いので、きれいなラインを見つけることが難しいからですね。

チャートのテクニカル分析に慣れてる人であれば、フィボナッチを使いこなすのは難しくありません。

ぜひ試してみましょう。

出展:

フィナボッチ

初心者にとって株の取引するのって怖いですよね。誰かに相談したくもなるものです。 しかしお金の話って上手くできないものです。まだまだ、投資についてはマイナーなものだったりします。

ご近所の人に相談するのも憚られますよね。変な噂をたてられても困ります。 では、株初心者はどこに相談に行けばいいのかって話になると、やはりプロのところといえます。 今は証券会社でも無料でセミナーを行っていたりします。既存の証券会社なら証券会社の人が具体的な株銘柄を紹介してくれるケースもあります。

初心者でも分かりやすく説明してくれるセミナーもありますし、中級者用・上級者用のセミナーも増えています。最初は無料のものに参加していき、質問をぶつけてみるというのもひとつの手です。取引の方法ならば、ネット証券の問い合わせ先に電話して解決することもできます。 もしくは、FPへの相談会に行ってみるのもオススメです。

今は市の主催で相談会が開催されていたりします。FPは投資に限らずお金のプロですから、投資のことだけでなく、家計全般の改善にも協力してくれます。投資をするよりもやらなければいけないことがあれば、そういったことも総合的に相談にのってくれます。 あとは、有料セミナーで同じような志を持つ人と知り合いになると良いですよ。

相談相手を見つける最高の場となります。お金を払ってまで投資について学ぼうとしているわけですから、お互いに情報交換を堂々とすることができます。

ネット上でも盛んに交流が行われていたりするものです。 ただし、投資はあくまで自己責任です。誰に相談したからといって、最終的に投資について決めるのは自分であることは肝に銘じておく必要があります。

参考:

株相談相手